NYCH BLOG

映画

アウトレイジ

by on 3月.04, 2014, under 映画

アウトレイジの2本を一気に見た。エンタテインメントとして普通に楽しめました。

outrage

outrage_
(continue reading…)

Leave a Comment more...

R100

by on 11月.04, 2013, under 映画

R100は、松本人志監督の映画作品ですが、僕は松尾スズキが出ているのと、大森南朋の演技を見に行きました。

tominagaai-diary2-2013-07-28T22-17-29-2 (continue reading…)

Leave a Comment more...

地獄でなぜ悪い

by on 9月.30, 2013, under 映画

『地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell?』(じごくでなぜわるい)は、2013年制作の日本映画。園子温監督。2013年8月29日、第70回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で公式上映され、上映後は約1200人の観客から7分間のスタンディングオベーションを送られた。

url (continue reading…)

Leave a Comment more...

希望の国

by on 8月.04, 2013, under 映画

『希望の国』(きぼうのくに)は、2012年10月20日に公開された日本映画。監督・脚本は、園子温。主演は、夏八木勲、大谷直子。トロント国際映画祭 NETPACアジア最優秀映画賞受賞。

kibou (continue reading…)

Leave a Comment more...

俺俺

by on 8月.03, 2013, under 映画

『俺俺』(おれおれ)は、星野智幸作の日本の小説。『新潮』2009年6月号から2010年3月号にかけて連載、2010年6月新潮社より刊行。2011年第5回大江健三郎賞を受賞した。2013年に三木聡監督・脚本、亀梨和也(KAT-TUN)主演で映画化された。

oreore (continue reading…)

Leave a Comment more...

悪の教典

by on 8月.01, 2013, under 映画

『悪の教典』(あくのきょうてん・英表記:Lesson of the evil)は、貴志祐介による日本の小説作品。映画は、2012年11月10日、東宝系で公開。バイオレンス・ホラー映画。監督は三池崇史、主演は伊藤英明。R15+指定。

aku

サイコキラーという裏の顔を持つ教師が引き起こす事件を描いたサイコ・ホラー作品。第1回山田風太郎賞受賞作、第144回直木三十五賞候補作、第32回吉川英治文学新人賞候補作、2011年本屋大賞ノミネート作。

Leave a Comment more...

ジャンゴ 繋がれざる者

by on 3月.07, 2013, under 映画

『ジャンゴ 繋がれざる者』(Django Unchained)は、クエンティン・タランティーノ監督による西部劇映画である。出演はジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツである。2012年12月25日に全米公開された。ディープサウス。解放奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)がドイツ系賞金稼ぎのドクター・キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)と共に、サディスティックでフランスかぶれの農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に立ち向かい、奪われた妻のブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を救おうとする。
Django1 (continue reading…)

Leave a Comment more...

ぱいかじ南海作戦

by on 3月.07, 2013, under 映画

失業と離婚を同じタイミングで経験した主人公・佐々木(阿部サダヲ)の、気分転換に訪れた南の島で繰り広げるサバイバル生活を描くコメディ映画。「現代版ロビンソン・クルーソー」とも評された椎名誠の同名小説を映画化。失業、離婚と悪いこと続きな佐々木は、人生をリセットするためやってきた西表島で4人組のホームレスに手持ちの財産を盗まれ、途方に暮れる。そんな佐々木を偉大なサバイバル生活者と勘違いした都会風な若者オッコチと、関西弁の女の子アパ、キミと4人で海辺の共同生活を始めた佐々木は、ある日、財産を奪って逃げたホームレスたちの噂を耳にし、リベンジのためにある作戦を練る。佐々木役の阿部サダヲを筆頭に、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希と豪華キャストが集う。
nankai (continue reading…)

Leave a Comment more...

るろうに剣心

by on 3月.07, 2013, under 映画

『るろうに剣心』(るろうにけんしん)は、和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画。監督は大友啓史。2012年8月25日公開。
rurou (continue reading…)

Leave a Comment more...

2012ベスト

by on 12月.31, 2012, under グルメ, その他, 映画, 書籍, 演劇, 音楽

今年も皆さんに支えられて、何とか生き延びることが出来ました。振り返ると、経済的に厳しく感じたなーと思う一年でした。あと、自宅でお酒を飲むことが増えたので、来年は減らすと思います。体重は去年落としすぎたので、少し戻しています。そんなことはともかく、とりあえず、各ジャンルから印象に残ったものをピックアップしてみました。(写真は「My Lost City」(cero))

cero (continue reading…)

2 Comments more...

麒麟の翼

by on 11月.23, 2012, under 映画

『麒麟の翼』(きりんのつばさ)は、東野圭吾の推理小説である。加賀恭一郎シリーズの第9作目にあたる。家族のあり方について書いた『赤い指』と人情を描いた『新参者』の双方の要素を取り入れた作品となっている。舞台は『新参者』と同じ日本橋。ここには五街道の起点であることから、「ここから羽ばたく」という意味を込め橋の中央に大きな翼を持った麒麟の像が設置されている。表題の「麒麟の翼」とはこの麒麟像を示すもので、物語における重要な意味をあらわしている。作品のテーマは「悲劇からの希望と祈り」である。『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』(きりんのつばさ げきじょうばん・しんざんもの)として映画化され、2012年1月28日公開。配給は東宝。2010年4月期に放送された連続ドラマの日曜劇場『新参者』、ならびに2011年1月に放送されたスペシャルドラマ『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』の続編にあたる。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

ミッドナイト・イン・パリ

by on 11月.18, 2012, under 映画

『ミッドナイト・イン・パリ』 (Midnight in Paris) は、2011年のロマンティック・コメディ映画。ウディ・アレンが脚本と監督を務め、第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞した。映画は2011年5月11日、第64回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として初上映された。アメリカでは2011年5月20日に6館で公開され、のちに最大1,038館まで拡大された。2011年7月17日、本作はインフレ率未調整の売上で『ハンナとその姉妹』の4,008万ドルを抜き、アレン作品で最も稼いだ映画となった。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

ポテチ

by on 11月.15, 2012, under 映画

『ポテチ』は、伊坂幸太郎による日本の短編小説作品。短編集『フィッシュストーリー』所収の書き下ろし作。2010年に舞台化、2012年に映画が公開された。2012年4月7日に宮城県仙台市で先行上映された後、同年5月12日に全国公開された。配給はショウゲート。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

愛と誠

by on 11月.14, 2012, under 映画

『愛と誠』(あいとまこと)は、梶原一騎原作・ながやす巧作画の漫画(劇画)。1973年3・4合併号から1976年39号まで週刊少年マガジンに連載された。2012年6月16日公開の日本映画。第65回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング部門での正式招待作品。監督は三池崇史。主演は妻夫木聡。1970年代の日本歌謡曲のミュージカルナンバーやダンスを用いたミュージカル調の映画である。キャッチコピーは「天使が悪魔に恋をした」。2012年6月16、17日の初日2日間の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)は初登場第11位。

(continue reading…)

Leave a Comment more...

僕等がいた

by on 11月.14, 2012, under 映画

『僕等がいた』(ぼくらがいた)は、「ベツコミ」(小学館)で連載された小畑友紀による漫画作品。映画は、前篇・後篇の2部作。2012年3月17日に前篇、4月21日に後篇をそれぞれ全国東宝系公開。キャッチコピーは「それでも、永遠だと信じたかった――。」。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

桜蘭高校ホスト部(映画)

by on 11月.14, 2012, under 映画

『桜蘭高校ホスト部』(おうらんこうこうホストクラブ)は、葉鳥ビスコによる日本の漫画作品、および、それを原作としたアニメ、ゲーム作品。『映画 桜蘭高校ホスト部』は2012年3月17日公開の日本映画。テレビドラマシリーズの続編となる映画版オリジナルストーリーで、原作者の全面的脚本協力を得ている。キャッチコピーは「気づいたらクセになっちゃう部活です。」。
(continue reading…)

Leave a Comment more...

ステキな金縛り

by on 9月.27, 2012, under 映画

『ステキな金縛り』(ステキなかなしばり、ONCE IN A BLUE MOON)は、2011年(平成23年)10月29日に全国で公開された日本映画。キャッチコピーは「証人はただ一人、落ち武者の幽霊。」。三谷幸喜監督による、落武者幽霊と三流弁護士による法廷サスペンスコメディ・エンタテインメント・ムービー。主演は『悪人』の深津絵里、『星守る犬』の西田敏行。配給は東宝。

(continue reading…)

Leave a Comment more...

荒川アンダー・ザ・ブリッジ

by on 9月.27, 2012, under 映画

『荒川アンダー ザ ブリッジ』(あらかわアンダー ザ ブリッジ)は、中村光による日本の漫画作品。テレビドラマ版の劇場作品でありテレビドラマと同キャスト。監督は『彩恋』の飯塚健で自ら脚本も手がける。テレビドラマは短編形式であったが、映画ではドラマチックなテーマに取り組んでいる。キャッチコピーは「宝物はきっと、ここ(AUTB)にある――。」。出演者は林遣都、桐谷美玲、小栗旬ほか。

(continue reading…)

Leave a Comment more...

KOTOKO

by on 9月.27, 2012, under 映画

「KOTOKO」は2012年の日本映画。Coccoが初主演をつとめる母子の愛の物語。子供を愛しながらも歌っている時以外は世の中に順応し難く、現実と虚構のバランスを保てずに葛藤を続ける女性の姿を描く。企画・製作・監督・脚本・撮影・編集・出演は「鉄男 THE BULLET MAN」の塚本晋也。第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞(グランプリ)受賞。

(continue reading…)

Leave a Comment more...

しあわせのパン

by on 9月.27, 2012, under 映画

『しあわせのパン』は、日本の映画作品。2012年1月21日に北海道先行公開され、同年1月28日に全国公開された。監督・脚本は三島有紀子で、長編では初監督作品である。主演は原田知世、大泉洋。主題歌は矢野顕子 with 忌野清志郎の「ひとつだけ」です。

(continue reading…)

Leave a Comment more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!